2008/08/28

出産体験記

ゆうかが生まれて今日で10日です。
少し前にはお腹にいたなんて、信じられない…。

出産の大変さも、何だか薄れてきました。
生んだ直後は、もう第2子は絶対無いな…と思ったのですが。

あの痛さ・壮絶さを完全に忘れてしまわないうちに、
出産記を残しておこうと思います。

これから出産という方を怖がらせてしまったら申し訳ないのですが、
個人差があるので、あくまで私の場合ということで!

8月20日(水)

<PM9:00>
入浴中、数日前から来ていた前駆陣痛が7分おきになる。
いよいよか…と、夕食をいつもの倍食べて、体力をつけておく。

<PM10:00>
陣痛が5分間隔になったので病院へ電話。
痛みが45秒以上続くようになったら来て下さいと言われる。


ホクトー!

ついにこの時が
来たみたいよー!








<PM10:30>
そんなに痛みの度合いは変わらないが、興奮して出発。
パパに車を出してもらう。



寝てるとこバタバタして
悪いわね~。

また一週間後に~!







<PM11:00>
病院到着。内診。
子宮は2㎝しか開いてないのでベッドで横たわって「その時」を待つ。
子供はかなり下がっているので「朝までに生まれるかも!」 と先生。

初産は陣痛始まってから12時間後に生まれるとは聞いたが、
実際これからと思うと長い。徹夜で痛みと闘っていく運命らしい…。

「子宮が10㎝開く・子供が完全に下りる・陣痛が30秒間隔になる」
の3点セットが揃うのが「その時」で、分娩台に上がれるらしい。

<PM0:00>
パパがベッドまで荷物を持って来てくれ、帰って行く。
あっさり去って行ってビックリする。

陣痛の間は旦那さんがマッサージして付き添ってくれるイメージ
だったが、帰ってくれて本当に良かった。

なぜなら、陣痛が間隔狭まり痛みも酷くなり、 すぐに
「誰も構ってくれるな!」 という心境になってきたから。

先生もそれが分かっててパパに帰ることを薦めたらしい。
ここの先生は本当にサッパリしていて気持ちがいいわ。

さて、陣痛の痛さはどんなのか不安だったが、

想像以上だった。

下痢を我慢してるピークの腹痛の中、
体中の皮膚を一気に剥かれる。


といった感じだろうか。 しかもその皮膚は、

体の内側から剥がれてる感じ。

「痛ーい!ひいぃぃぃん!!」と叫ばざるを得ない状況に。
恥と外聞は陣痛の痛さと反比例してなくなって行く。

冷汗がとまらず、出血も酷くてそこら辺血だらけ、
痛みと緊張で歯がずっとカタカタ鳴っている。

陣痛の波が来る度、髪を掻きむしりたくなり
髪もその辺に散らばっている。

そして一晩ずっと幻覚を見続ける羽目に。

良く分からないけど、丸が2つと棒が1つ目の前に現われて、
棒が丸を食いつぶすからお腹が痛いんだ、と妙に納得してる自分。

意味不明だけど、そんな朦朧とした5時間が過ぎる。

8月21日(木)

<AM5:00>
先生登場。内診。
「よし!もういいね!力みたいでしょう?」と聞いてくる。

こんな痛いのに力んだらもっと痛くなっちゃうよ!
力入れたいとは永遠に思わないよ!!

と、先生の言ってる事を内心理解出来ないでいたが、
破水しそうなのと子供が下がってるのが自分でも分かる。

ヨロヨロと歩いて分娩台へ移動。
数歩の距離だが、この間に何度か陣痛の波が来てへたばる。

痛いのでゆっくりと分娩台に這い上がる。
緊張で足がガクガクしてつま先が踏張り台にうまく入らない。

<AM5:30>
まず先生が膜を破って破水。

いよいよ力みタイムへ。陣痛の波の時だけ力めと言う。
それ以外は力んでも意味がないし体力を消費するだけらしい。

しかし「力みたい気分」を理解出来ないままでいるので
今一気が乗らない。気持が気力を阻止してる。

力み方を助産婦さんが説明してくれる。

陣痛の波が来たら、深呼吸をゆっくり2回する。
3回目の深呼吸で、息を吐く時に顔を持ち上げへそを見て、
お尻の穴に力を入れる!
(硬いうんちを出すように!と助産婦さん。)
足は向こう側へ踏ん張り、声は出してはいけない。
(声を出すと空気が漏れ力が半減するらしい。)

知らなかった…。力みがこんなに難しいなんて~。

しかも先生が出てくる穴を手でグイグイ広げていて、
常に痛くて陣痛の波もよく分からない…。

きゅうり詰め放題100円で袋の口を広げるかのごとく。
どさくさにまぎれて穴付近に麻酔も打ってるし。

徹夜で陣痛に耐え体力を失ってたので3~4回力み疲れ果てる。
意識ははっきりとしてるので、赤ちゃんがどのくらい出てるか尋ねる。

「頭3分の1」

無理だ…。もうエネルギーがないよー。と不安がつのり、
「もう無理!」「力みたくない!」「嫌だ!」「産めない!」
と、超わがままな事を叫び出す。

人は究極の時、敬語を忘れてしまうらしい。

すると先生が「よし、分かった。吸引してやる!」と言う。
「我儘になる→吸引機」という流れが決まってるらしい。

でもよく「吸引で頭伸びた」って話聞くな~と思い、
吸引の力は余りかけないようにしようと、最後の力を振り絞って力む。

<AM5:50>
「頭が出たわよ!」と助産婦さんに言われる。
あ~よかった~と思ってると、「見てみなさい。」と言う。

見たいけど、見るには頭をあげて腹筋の体勢をしなきゃならない。
もう腹に力は加えたくない…。と躊躇してると、頭を持ち上げられる。

おぉ~!血だらけの赤くて丸い物がぁ~!!

最後は自分で「産んだ~!」感を持たせる先生の優しさからか、
最後の力みの時は吸引を使わず、ボコッと赤ちゃんの体が出るのを感じる。

赤ちゃんの体が出ると共に、自分のお腹がボコッと凹むのが見えた。

最初ポケッとしていた赤ちゃんが、2~3秒して「ふえぇぇ~ん!」と
泣きだした。わ~生まれたんだ~~~。

赤ちゃんと初めて対面した時、自分は何を思うかとワクワクしてたが、
やっとこの時が来たよー。

助産婦さんが抱っこして顔に近づけてくれる。
「…。おっきい!これがお腹に入ってて今出てきたなんて!!」

最初に感じたのは、感動より、感激より、驚きであった。

お腹の中にいた時も話しかけたりはしていたけれど、
もっと漠然とした「生き物」と捉えていた。

だけど、リアルな人間が生まれてきたことにビックリした。
生まれたてでも、立派なんだな~と実感した。

その後、穴を何針か縫われてとっても痛いんだけど
そばに赤ちゃんがいるのでお母さんは我慢。ウウウ。

それからすぐにパパに連絡。
分娩台の上でケータイかけていいと言う。素敵な病院。



ついでにケータイで撮影。

生後5分。

ホヤホヤゆうかちゃん。


(撮影は分娩台にて。)



その後赤ちゃんは新生児室へ移るとのことで
助産婦さんが抱っこして近くで見せてくれる。

母乳を…と右のおっぱいを口に近づけると、
パクーッ!と吸いつく。

か、かわい~~~!!!

母性本能が生まれた瞬間。

赤ちゃんと入れ替わりで朝食が運ばれる。
昨日の11時から飲み物すら口にしてなかったので、感動。

餓死しそうな人が出された食事の如く
分娩台の上でがっついてしまった。



左下のパンは
4枚切で厚い。

感動~。

ブルーベリージャム付き。





・・・と、ご飯の画像で締めくくる出産日記でした~。
長い文章ですみまめ~ん。

★ランキング参加中★
出番が少なかったホクトくんに、わんクリックお願いわん。

御生誕

8月21日(木)AM5:50
3528gで女の子を出産いたしました!!!!!


こちらです!




  V



  V

 
 
  V


  
  V

  
 
  V





オンギャア~~~~~




まぁ、立派な白と黒!



…出落ちです。
どうしてもやってみたかったんです。

誠にすみまめーん。


今度こそ、こちらです!




   V



   V



   V



   V



   V






ふえぇぇぇ~ん

あたち、ゆうかって言います。






この写真は生後5日です。
お目めパッチリです。

産まれたてって、目がほとんど開いてないんですね。



ほやほや~。

生後3時間です。







さて、気になるホクトとの関係ですが。。。

赤ちゃん抱っこして帰宅すると、吠えまではしないけど
「何抱えてるの!?」と鼻息荒く、背伸びして見ようとしました。











初日はさすがに気になって終始興味津々で覗こうとしてましたが、
だんだん、この子は妹らしいと言うのが分かってきたみたいです。

今日で退院して2日目ですが、今では
赤ちゃんが泣くと興奮する、それ以外はちょっかい出さない、
という雰囲気です。

でも赤ちゃんが泣くのは母乳が欲しい時なわけで、
興奮して舐めたり、ちょっかい出そうとするので、別室へ。

別室にも追ってきて入ろうとするのを「ダメよ~」と出すのですが
腕の赤ちゃんは泣いてるわ、ホクトは出てかないわでその度大変です。

でも、とってもお兄ちゃんっぽい所が出てきて、
赤ちゃんが泣いてると私のとこへお知らせに来たりします。

学習するんだな~。お利口だな~ホクトって。(←親バカ)

でもホクトに悪意があるようには感じられず、
僕の方を構って!という嫉妬も今の所そこまで感じません。

(嫉妬を感じさせないように、ホクトの前では
あまり赤ちゃんを構ったりしないようにしています。

特にパパは赤ちゃんを見たくて仕様がないのに我慢し、
ホクトが寝たりベランダ出ると見に行ってます。)











ちなみに赤ちゃんが乗ってるハイローチェアですが、
ホクトが善意で覗こうとし、ひっくり返る危険がある為
ベッドのレンタルを注文しました。

確かにワンコと赤ちゃんの共存(しかも先住がワンコ)
ってゆーのは結構大変かもしれません。

でも、部屋が狭いけど何とかスペース作ってベッド用意するとか、
布団で寝る時はカヤで覆うとか、方法を考えれば何とかなります。

何より退屈せず面白いという面もあります!
ホクトがいれば、育児ノイローゼとかならなそうです。

これからどうなっていくのか、非常に楽しみです♪

★ランキング参加中★
お兄ちゃんになったホクトくんに、わんクリックお願いわん。

2008/08/20

深刻な悩み


こちら、

社員旅行で買ってきた

お醤油入れ。




お醤油が垂れないという素敵な物で、
しかもかわいいメロン型。

とっても気に入ってます。
去年の11月に買ったので、まだ新しい。

しかし、ふたが開かなくなりました…。



開けて~!







飾りとしてとって置こうか、捨ててしまおうか、
迷いに迷って半年が経ちました…。

今も料理する時、いっつも邪魔だな~と感じています。
そして、毎日一応取れるかどうか挑戦してみます。

私は物が多いのが嫌いなので、割と高い物でもいらんと思ったら
捨ててしまうのですが、なぜか踏ん切りがつかない…。

「いつか使うかも」だったら、「いつ使うんだ!」
と思って、すぐ捨てられるんですよ。

でもこの場合、空いたら「絶対使う」ので、捨てられないんだな~。

もういっそのこと、誰かに
「あの醤油さし、間違って捨てちゃった、ごめ~ん」と言ってほしい。

でもうちにはそんな掃除魔は存在しない。

悩みは続く…。

★ランキング参加中★
どうでもいいと思うホクトくんに、わんクリックお願いわん。

2008/08/19

自分だけのおやつ

甘い物を食べたくて、クッキーを作りました。











左:レモンのクッキー
右:コーンフレークとホワイトチョコのクッキー

どちらも今一でした…。
特にレモンのは、かってぇ~!分量間違えかな…。

パパはレモンとシリアル食べれないから
私が全部食べなきゃ!

入院する前に食べなきゃ!!



いる?







何この子っ。パパ似~。

~「人気ブログランキング」参加中~
偏食なホクトくんに、わんクリックお願いわん。
↓↓↓
。+☆+。・゜・。+☆+。

  ゜・。+☆+。・゜

2008/08/18

早まった…

えっと、今、産婦人科へ行ってまいりまして…。


・・・はい。

入院GOODSも

持ち帰って参りました。




おしるしだけでは、まだ生まれないそうです…。

内診をして「ぜぇ~んぜん、子宮下がってないよ!まだまだ!!」
と言われてしまいました。 アハハー。

待合室で読んでた雑誌におしるしの事が書いてあり、

「おしるしがあってから陣痛が来るのは人それぞれ。
半日でくる人もいれば一週間の人もいます。」

何か、私、早まってしまったかも~。
気長に待ちます~。

~「人気ブログランキング」参加中~
ドタバタ劇を見守るホクトくんに、わんクリックお願いわん。
↓↓↓
。+☆+。・゜・。+☆+。

  ゜・。+☆+。・゜

ついに…!?

ちょっとリアルな話で申し訳ないのですが。

さっき、おしるしが来ました~~~!!!

ついに、ついに、生まれそうです。


パパのお盆休みも終わり、出社して行きました。
すぐに実家の母から電話がきてしゃべってました。

実家のパソコンに雷が落ちて故障し、
このBLOGが見れないから心配だ、と。。。

そんなに遠い距離じゃないのに、
電話よりBLOGで近況を知る親。

出産予定日を4日も過ぎたけれど兆候がないから
今日も生まれないかもね~。なんて話して電話を切って 、

トイレに行ったら…!

ダハーーーッ!!!

すっかり興奮して産婦人科へ電話しました。
のんびりしたおばちゃんが出て、

「陣痛も来てないし、おしるしも少量なら
焦ることありませんから。心配なら来て下さい。」

えっ、こっちは興奮状態なのに、そんな感じ…?

元々今日は週一の定期検診の日だったので お昼に行く予定でした。
ちょっと早めに行ってこよう!
入院GOODS持って!!(←やる気満々)

「それまでに出来る事を!!」と思って俄然活動的に。

洗濯をして干し、麦茶の替えを作り、ワイシャツにアイロンをし、
あげくBLOGの更新に勤しんでいる現状です。

関係ないですが、女性は男性の10年近く平均寿命が長いのは、
生きる事への執念の違いだと聞きましたが、妙に納得。

私もこれから入院だと思うと、細かい事が次から次へ頭に浮かび
とても覚悟をすぐ決めれる感じではありません。

未練と言うか、なんかやり残してないかすごく気になります。

しかし、いつ陣痛来るんだろ~。
楽しみだけど、やっぱ怖い~。


皆様、更新が一週間なかったら 、
出産してると思って下さい!!



パパにべったりの

そこなアナタ!

お兄ちゃんになりますよ!!




~「人気ブログランキング」参加中~
やはりホモ疑惑のホクトくんに、わんクリックお願いわん。
↓↓↓
。+☆+。・゜・。+☆+。

  ゜・。+☆+。・゜

2008/08/17

恐怖体験の夜

こちらは、なんだか急に涼しくなりました。
ホクトも朝から、こんなです。



ベランダ

大好き。





昼ごろから雨が降ってきたので部屋へ入ってきました。
そして、こんなです。



得意顔で

横になってます。

なぜなら…






パパと毛布を

共有してるから♪




たぶんこの子はホモです。

不思議なもので、暑い時には作りたいと思わなかったのに
今日は涼しいからか、急にパンを作りたくなりました。



バターロールを
初めて作りました。

材料多すぎて
オーブン満員超過。



夏にオーブン使うと汗ダラダラですが、全然でした!
むしろ長袖着てて調度いい位!

昨夜の雷雨の影響で、急に涼しくなったのでしょう。
その雷、今年最大級で、ホクトは大変な事になりました!!

どかーん!バリバリーーー!!!

これは近くに落ちたな!!
と思われる雷が鳴った瞬間、走り去るホクト。



どこに居るでしょうか?

私もすぐには

発見できませんでした。





あ。


そんな狭いとこに!!





ベランダのドアから

稲妻の光が見えないように

押入れの方に顔を向け…






ひたすら鼻を

押入れに入れてます。





いや~、さすがに昨日の雷はホクトがパニクるのが理解出来ます。

雷が落ちた瞬間、停電しましたから。。。

同じように雷を怖がるワンコがいる皆様は
大丈夫だったでしょうか?

メンタル面のフォローが必要らしいので、
声掛けでコミュニケーションをとるといいみたいです。

~「人気ブログランキング」参加中~
涙もこぼしてしまったホクトくんに、わんクリックお願いわん。
↓↓↓
。+☆+。・゜・。+☆+。

  ゜・。+☆+。・゜

2008/08/16

お盆です

いやー毎日暑いですねー。
今日はそんな日にぴったりのお話をご紹介しようと思います。

それは昨夜の話です。
いつもは朝まで熟睡する私なんですが、夜中に起きました。

パパが寝言で言葉にならない言葉を発してるんです。
イタコみたいに、いつもより高めのトーンで!!


顔を見ると悲壮感漂った表情。
何かクマもいつもより大きいし、顔色も悪い。


こーゆー時、起しちゃいけないと聞いていたので、
手を握ってあげました。

手を触られて起きたパパは「陣痛じゃないのに起こすな!」
と、超カンカンで、またすぐ寝ました。

ヒョエ~~~、何だったんだ今の~~~。

朝、パパは「昨日は変な夢ばっか見た。」と言って、
ホクトと散歩へ出かけて行きました。

散歩を待ってる間、一人で昨日の事を回想してみて
実は、心当たりがあることに気づきまして。

パパは元々霊感的な物がちょっと強いらしくて、
昔から寝室に塩の入った器を2つ出窓に置いてました。

私は最近冷菓をいっぱい作ったので、
「そー言えばいい器あったな~」と、その器をお借りしたんです。

私は霊感が弱く、霊現象的なことも半信半疑といった感じなので、
パパに断りなく、軽い気持ちで塩を捨てて洗っちゃったんですが…。

(その器はパステルのプリンが入ってたココットで、プリンにちょうど良かったので。)

バレたら怒られそうなので、今朝デザートにそっとプリンを出しました。
パパは器には気づかず、「これ、プリン?ババロア?」と聞いてきました。

「プ、プリンだよ。(←動揺。)
でも蒸しに失敗して『す』がちょっと入っちゃたの。」

「え!?酢!?」

プリン・蒸す・失敗、というキーワードから
「す」を「酢」と間違えるなんて…!!

そんな感じで無事プリンを食べ終え、元通りに塩を置きました。
「す」を「酢」だと思ったのも、霊の仕業に違いありません。


そう言えば、パパと初めてデートした時もそんな事がありまして。

夜ごはんを一緒に食べる約束をした日、
当時私が住んでた駅まで、車で迎えに来てくれる事になってたんです。

その駅は結構大きい駅だったので道路に看板もいっぱいあります。
しかもパパは車に乗り慣れてて、方向音痴でもない。

しかし一時間近く迷って、なかなか会えなかったんです。
その一時間ケータイでずっと連絡はとってたんです。

だから、パパが家出るの遅かったとか 、
渋滞だったわけじゃないのは分かってるんです。

「道に迷って今どこ走ってるのか分からない。
何回も同じ道を走ってるようだ。」って言うんです。

やっと会えて、車の助手席に乗ると、
「何かブレーキがおかしいんだ。」と怖い事を言ってきます。

見ると、運転席のブレーキランプが付きっぱなしになってるんです。
走行中なので、後ろのブレーキランプは付いてないわけです。

でもこの二つのランプは連動してるから、
一方が付いて一方が付いてない、って状態はありえないんです。

その時は「壊れたのかも、修理に出そ~。」「そだね~。」となりました。

で、ご飯屋さんに到着して食べてると、
パパはしきりに左の肩を気にしてるんです。揉む仕草をしている。

「迷ったから肩こったのかな?」と私が言うと
「なんか途中からしびれてきたんだよね。」と。

そしたら、そしたらです!
パパのケータイの着信が鳴り、店から出て話、戻ってきました。

「仕事のお客さんが亡くなったから、
明日通夜があるって知らせだった。」


・・・・・・・・・・。


その時は何せ初めてのデートで心上ずってますから、
「お通夜気を付けて行ってきてね。」とか話したはずです。

しかし今思い返すと、超怖い。。。

迷子・ブレーキランプ故障・左腕のしびれ…
全部あり得ないほど不自然な現象ではないでしょうか。

そしてお通夜の知らせ。

ある意味忘れられない、初めてのデートの思ひ出です…。


さて、最後に怖い現象をご紹介。

ホクトはパパと一緒に居ると、心から嬉しい!という顔をします。
とってもいい表情なので写真をバシバシ撮る私。


不思議現象①

無理やり頭を

押さえつけられているように

見える。



不思議現象②

嬉しくて

仕方無いはずなのに

退屈し切ったあくび。



不思議現象③

無理やり

カメラ目線に

させてるみたいだ。


どれもシャッターを切る瞬間以外は、目はキラキラウルウルで
顔全体が万遍の笑みだったんですよー!!

きゃー!こわーい!!





そうとも言う。





写真の件は私が下手なだけですが、(ピンボケだし!)
話は本当なんですよ~。

あー涼しーい。

~「人気ブログランキング」参加中~
霊より雷を恐れるホクトくんに、わんクリックお願いわん。
↓↓↓
。+☆+。・゜・。+☆+。

  ゜・。+☆+。・゜

2008/08/15

犬じゃない

前々から思ってましたが、ホクトは犬っぽくないです。

まず、猫のごとく毛づくろいが大好きです



手の毛づくろい。









続いて、

股の毛づくろい。





すごい時間かけて舐めてますが、
ワンコってこんなに念入りにするもんなんだろうか…?


そして、おもちゃに興味を示しません

ぬいぐるみとか見せても、「無」の表情。
ボールも、フリスビーも、ロープも。

靴下やストッキングも、10秒戯れて放置。


下の写真の赤い物体は「ホクト2号」と呼んでいます。
主に足枕、ドアストッパーとして活躍中。

ホクトがちょっかい出したり遊んだりするかな~
と、目の前に差し出してみても…



無い物として、

睡眠。






さらに、

睡眠続行。

(鏡ではありません。)




そして、なぞな物が好きです

片時も離れたくないご様子。
夏の記念に2ショットを撮ってあげました。


大好きな、扇風機と。


満足そうです。






微笑んでます。








風が出てくるものが好きなのかと、
パパが冷風機を買ってきました。

と共に、扇風機は寝室へ移動。

しかし、風が出てくればいい訳じゃないようです。



パパに運ばれる

扇風機を見守るホクト。

今生の別れのごとく…。



それからというもの、ホクトの表情が寂しそう。。。
という訳で、扇風機は再びリビングに置かれました。



今日も仲良しです。







なぜこんなに、扇風機が好きなんだ…。

逆に、大嫌いな物もご紹介しましょう。


ホクトの嫌いな奴の

尻。








全姿。







そう、百獣の王(のぬいぐるみ)です!!

その昔、パパが買ってきてリビングに置いていたのに、
会社から帰ってきたら玄関の近くの部屋に移動してたそうです。

ホクトの体の3~4倍ある大きさと重さなのに、
くわえて引きずってきたみたいです。

もーとにかく嫌いで、今でも床に置くと「ヴ~~~ッ!」と
うなって、めちゃくちゃ噛み付いてます。

なぜそんなに嫌いなんだ…。
なのでクローゼットの上に居るんです。


もう、猫なのか人間なのか犬なのか。
人間寄りの犬、という所でしょうか。。。

~「人気ブログランキング」参加中~
扇風機の足を枕に寝るホクトくんに、わんクリックお願いわん。
↓↓↓
。+☆+。・゜・。+☆+。

  ゜・。+☆+。・゜